« 真山仁『売国』(文藝春秋) | トップページ

2014年12月 2日 (火)

角田光代『紙の月』(ハルキ文庫)

梨花という、銀行横領犯。カネが薄皮を剥ぐように、ヒトを素に戻していく。

この女性の徹底的な孤独が、あまりにせつない。

映画の前に小説を読んだが、俄然映画も見たくなった。宮澤りえ、期待高まるなあ。

紙の月

紙の月
著者:角田光代
価格:637円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

« 真山仁『売国』(文藝春秋) | トップページ

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角田光代『紙の月』(ハルキ文庫):

« 真山仁『売国』(文藝春秋) | トップページ