« 奥田英朗『ナオミとカナコ』(幻冬舎) | トップページ | 角田光代『紙の月』(ハルキ文庫) »

2014年11月30日 (日)

真山仁『売国』(文藝春秋)

イマイチだったなあ。売れているし、なんたって真山氏の新作。期待してたんだけどなあ。

今回は宇宙開発と汚職、そしてアメリカに日本を売り渡す政治の陰謀。”日本を買いたたく!”とM&Aで痛快なドラマを創りあげた真山氏がこんなに安っぽいドラマで日本を売り渡しちゃなあ。

経済モノを読みたい。早く帰ってきてくれ。


« 奥田英朗『ナオミとカナコ』(幻冬舎) | トップページ | 角田光代『紙の月』(ハルキ文庫) »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真山仁『売国』(文藝春秋):

« 奥田英朗『ナオミとカナコ』(幻冬舎) | トップページ | 角田光代『紙の月』(ハルキ文庫) »