« 冨山和彦『なぜローカル経済から日本は甦るのか』 (PHP新書) | トップページ | 真山仁『売国』(文藝春秋) »

2014年11月25日 (火)

奥田英朗『ナオミとカナコ』(幻冬舎)

ひとは誰もが、心の中に嘘や罪を宿している。だからこそ、この"素人の殺人"に手に汗握る。

帯でも書かれているように、親友の女二人が、DVを働く夫を殺す。ただそれだけだが、猛烈にハラハラする。

キャリアを積むナオミと家庭に入りDVに耐えるカナコ。共犯の二人が、それぞれの視点で前後半を語るが、我々読者はあたかも三人目の共犯者のように、一緒に殺し、逃げる。

”バレる”のがこんなに怖く感じるのは、奥田氏の優しい人物造形によるのか、自分の背負っている罪によるのか。

ドシロウトの単純犯罪を一気に読ませる快作、秋の夜長にぜひ。


« 冨山和彦『なぜローカル経済から日本は甦るのか』 (PHP新書) | トップページ | 真山仁『売国』(文藝春秋) »

ミステリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥田英朗『ナオミとカナコ』(幻冬舎):

« 冨山和彦『なぜローカル経済から日本は甦るのか』 (PHP新書) | トップページ | 真山仁『売国』(文藝春秋) »