« テリー・ヘイズ『ピルグリム』 (ハヤカワ文庫 NV) | トップページ | 小野一起『マネー喰い 金融記者極秘ファイル』 (文春文庫) »

2014年11月 7日 (金)

神田憲行『「謎」の進学校 麻布の教え』 (集英社新書)

麻布の入試問題は、素晴らしい。特に、国語。チビの中学入試の時、一緒に大いに考えた。その出題意図と採点過程を本書で教員が語っているが、この良問を、こんなに吟味して採点したら、それはいい子が採れるだろうと思う。

中学受験を控える小学生をお持ちのみなさんなら、本書をぜひ一読してみたらどうか。「自由」を志向する私学のひとつの極がここにある。ただ、どんな子にも合うとも思えない。だから「自分の子がどんな学校に合うのか」を考えるのに、麻布はひとつの明確な基準となるのではないか。

ここからイノベーティブな卒業生が巣立つのは間違いないが、きっとそれは、ここを自ら選んで受験し、楽々と突破する子供たちなのだろう。


« テリー・ヘイズ『ピルグリム』 (ハヤカワ文庫 NV) | トップページ | 小野一起『マネー喰い 金融記者極秘ファイル』 (文春文庫) »

教育・育成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田憲行『「謎」の進学校 麻布の教え』 (集英社新書):

« テリー・ヘイズ『ピルグリム』 (ハヤカワ文庫 NV) | トップページ | 小野一起『マネー喰い 金融記者極秘ファイル』 (文春文庫) »