« ピエール・ルメートル『その女アレックス』 (文春文庫) | トップページ | 佐々木 一彰 , 岡部 智『カジノミクス: 2020年、日本が変わる! 日本を変える! 』(小学館新書) 【書評】 »

2014年10月 6日 (月)

上阪徹『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』(あさ出版)

某スーパーは、レジに人が二人ついて、袋詰めをしてくれる。たいして混んでもいないのに、無駄だなあ、と思う。

成城石井もレジに人が二人ついて、混雑時には三人ついて、袋詰めをするそうだ。袋を詰める人が何をしているのか、成城石井は明確に説明できる。だから、その人は単純な「コスト」ではない。

店づくり、商品づくりにあらわれる、明確な意思。ただ顧客の方だけを向く、価値観。親会社がレインズに買収されたときの、その価値観の危機。ドラマとしても、なかなか読ませる。

ローソンの傘下に入り、どんなシナジーが発揮されるのか楽しみだが、この本からは、相容れないように感じられてならない。







« ピエール・ルメートル『その女アレックス』 (文春文庫) | トップページ | 佐々木 一彰 , 岡部 智『カジノミクス: 2020年、日本が変わる! 日本を変える! 』(小学館新書) 【書評】 »

ビジネス・経済・政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ピエール・ルメートル『その女アレックス』 (文春文庫) | トップページ | 佐々木 一彰 , 岡部 智『カジノミクス: 2020年、日本が変わる! 日本を変える! 』(小学館新書) 【書評】 »