« 藤田正裕『99%ありがとう ALSにも奪えないもの』(ポプラ社) | トップページ | アンディ―・ウィアー『火星の人』 (ハヤカワ文庫SF) »

2014年9月21日 (日)

千早茜『男ともだち』(文藝春秋)

不思議な感覚である。

恋人と同棲しつつ、医者の愛人ともつきあう主人公神名。そこに現れる大学時代の男ともだち、ハセオ。

神名は、戦場に行くとしたら、“恋人は私の心配ばかりしておろおろしそうだから連れていけない。愛人はなんだかんだ裏切りそうで嫌。でも、ハセオだったらいい、と思える。あの男だったら背中をまかせられる。そんな感じ”と語る。
友人美穂は、そんな神名を“女ともだちより男ともだちに守ってもらいたいって時点で、やっぱりずるい”となじる。

それは“ずるい”関係なのか。奪ったり奪われたりするのでない男女の関係。作者はそれを丁寧にかつ洒脱に描写していく。

わかるような、わからないような。このような感覚は、世に実在するだろのか。私を疲れた日常から遠いところに放り出してくれた一冊。とても興味深く、新しい。


« 藤田正裕『99%ありがとう ALSにも奪えないもの』(ポプラ社) | トップページ | アンディ―・ウィアー『火星の人』 (ハヤカワ文庫SF) »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千早茜『男ともだち』(文藝春秋):

« 藤田正裕『99%ありがとう ALSにも奪えないもの』(ポプラ社) | トップページ | アンディ―・ウィアー『火星の人』 (ハヤカワ文庫SF) »