« 桂望美『嫌な女』(光文社文庫) | トップページ | 未須本有生『推定脅威』(文芸春秋) »

2014年7月27日 (日)

川上未映子『きみは赤ちゃん』(文藝春秋)

私の周囲は出産ラッシュである。チビが生まれたのはもう15年も前。出産のたいへんさ、もう忘れてしまったな、どんなだったか思い出せるかな、と手に取ったこの本。
愕然とした。たいへんさを忘れたのではなかった。全くわかっていなかったのだ。分かち合う努力すらしていなかったのだ。

著者は芥川賞作家の川上未映子氏。あべちゃんこと旦那さんも芥川賞作家の阿部和重氏。川上氏が愛称「オニ」の出産と子育てをアイフォンで綴ったという楽しいエッセイだが、出産後、修羅となった母はこう叫ぶ。

“自分の味わっている痛みやしんどさを、この世界の誰ひとり、おなじようにわかってくれる人などいないという、考えてみれば当然すぎる孤独だった。おなじ経験をしたことのある人でもわかりあえない。まして男で、妊娠と出産を経験しえない、何重にもかけ離れている男であるならさらにそうで、世界にたったひとりのオニを作った相手といえども―いまもそこで寝息をたてて眠っているあべちゃんにも、わかってもらえないのだ。わかってもらえるはずがないのだ。

 なぜなら、他人なのだから。

それはあべちゃんを責めてもしかたのないことだ。しかたないのだ。わたしだって、人にたいしてはそのように存在することしかできないのだから。”

つわり、出生前診断、無痛分娩、母乳神話、からだの変化、離乳食、初めての病気、夫の家事、「なあ、あべちゃんは、この子のために死ねる?」と問うた時の夫の一瞬のためらい。

きっと出産や育児について書かれたエッセイもブログも無数にあるのだろうが、川上氏の独特の感性は、胸の奥底に突き刺さってくる。

“出産を経験した夫婦とは、もともと他人であったふたりが、かけがえのない唯一の他者を迎え入れて、さらに完全な他人になっていく、その過程である”って、それを言っちゃあおしまいだろ、と思いつつ、でもそうだな、ともしみじみ思う。軽く読めるのだが、いろいろ考えてしまった一冊だった。


きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん
著者:川上未映子
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

« 桂望美『嫌な女』(光文社文庫) | トップページ | 未須本有生『推定脅威』(文芸春秋) »

教育・育成」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川上未映子『きみは赤ちゃん』(文藝春秋):

« 桂望美『嫌な女』(光文社文庫) | トップページ | 未須本有生『推定脅威』(文芸春秋) »