« 米沢穂信『満願』(新潮社) | トップページ | 田坂広志『知性を磨く「スーパージェネラリスト」の時代』(光文社新書) »

2014年6月14日 (土)

勝目梓『あしあと』(文藝春秋)

本源的な人間の情欲を、ストレートに描写。

恨みや妬み、暴力や禁忌と絡み合う情欲。本源的な感性だからこそ、ズシンと響いたり、目を背けたくなったりもする。

本作と米澤穂信氏の『満願』を並べて論ずるものがあるが、違う性質の小説。
プロットに繊細に人間の感情の機微を織り込む『満願』に対し、こちらはあくまで、直球勝負。好みが分かれるところと思う。


« 米沢穂信『満願』(新潮社) | トップページ | 田坂広志『知性を磨く「スーパージェネラリスト」の時代』(光文社新書) »

小説」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝目梓『あしあと』(文藝春秋):

« 米沢穂信『満願』(新潮社) | トップページ | 田坂広志『知性を磨く「スーパージェネラリスト」の時代』(光文社新書) »