« 【書評】中山順司『お父さんがキモい理由を説明するね』(リンダパブリッシャーズ) | トップページ | カレン・フェラン『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』  »

2014年5月 1日 (木)

内海健『双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代』(勉誠出版)

双極性障害という病気がある。いわゆる躁うつ病。その中でも、Ⅱ型という「躁が軽い」類型にこの十年ほど関心が高まっている。

躁が軽いので、いわゆる「ハイ」だとか「キレている」と本人は感じ、病識が薄い。仕事のパフォーマンスもこの状態の方が上がったりして、患者はその状態を治療で失いたくないとさえ思うそうだ。
しかも精神科にかかるときは「うつ」の状況でかかるので、躁転したときは「うつが軽快した」と医師に話し、精神科医も判定が非常に困難だ。ゆえに、うつ病としての治療が継続され、問題の解決が遠のきがちになる。

内海先生の筆致は丁寧で、素人にもわかりやすい。このような障害の存在をきちんと知っておくことは、とても大切だ。

« 【書評】中山順司『お父さんがキモい理由を説明するね』(リンダパブリッシャーズ) | トップページ | カレン・フェラン『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』  »

教育・育成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【書評】中山順司『お父さんがキモい理由を説明するね』(リンダパブリッシャーズ) | トップページ | カレン・フェラン『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』  »