« 近藤 紘一『サイゴンから来た妻と娘』 (小学館文庫) | トップページ | 内海健『双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代』(勉誠出版) »

2014年4月29日 (火)

【書評】中山順司『お父さんがキモい理由を説明するね』(リンダパブリッシャーズ)

題名でのけぞるが、これはなかなかの秀作。ビミョーな年齢の子を持つ親なら男女を問わず、一読の価値あり。

中学生の娘と中年オヤジ。「キモい」の一言で、百万光年離れている価値観と感覚を、父が娘と正面から向き合って「会話(ここではマジトーク)」することで埋めていく、迫真のドキュメンタリーである。でも端緒は「なぜお父さんがキモいか」娘が延々語る、かなり痛い一章ではある。

夢と目標、長所と短所、友情、いじめ。留学の章では、父は娘も好きで自分も得意な英語で、尊敬を勝ち取りつつ国際化の意味を語る。途中母親も乱入して「正しい彼氏のつくり方」をマジトーク。ただヤリたいだけの男からマトモなやつをどう選ぶか。これを昔はただやりたいだけの男だった旦那(今は娘を守る父)の前で平場でやるわけだから強烈である。

白眉はやはり、「生きる意味」について語る2回にわたる章であろう。父は、娘と語る前に自分と向き合わざるを得ない。考え抜いた末に父が娘に提示した「生きる意味」、ネタバレになるので書かないが、泣かせるし、本当にその通りだと思う。

果たしてこの本は、「世の中にはスゴいお父さんがいるなあ」と感心して終わる本なのか。父は、マジトークに持っていくためにさまざまな工夫をこらす。スティーブ・ジョブスの有名なスタンフォード大でのスピーチや、TEDトークをwebで一緒に見たり、親子で”Positive intelligence”という弱点をあぶりだす心理テストを一緒に受けて、お互いの長所短所を語る契機にする。人間力は問われるものの、我々だって四十年生きてきてそれなりの知恵も強みもある。手が届くのではないか、子どもとマジトークはできるのではないか、そんなキッカケとヒントに富んでいるのである。

ただ手が届かないかもしれないのは、「自分をもう一度見つめなおし」「自分をさらけ出す」ところであう。結局ここなのである、マジトークを価値ある、実りあるものにするために必要なのは。そんな面倒くさくてかっこ悪いことは、やらないのである。だからダメなのだ、わかっちゃいるんだが。
もしかしたらそれは、子育てだけのことではないのかもしれない。


« 近藤 紘一『サイゴンから来た妻と娘』 (小学館文庫) | トップページ | 内海健『双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代』(勉誠出版) »

教育・育成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 近藤 紘一『サイゴンから来た妻と娘』 (小学館文庫) | トップページ | 内海健『双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代』(勉誠出版) »