« 江上剛・郷原信郎『銀行問題の核心』(講談社新書) | トップページ | 吉田典史『悶える職場』(光文社) »

2014年3月 9日 (日)

マイクル・シアーズ『ブラック・フライデー』(ハヤカワ)

不正行為を働いて服役した元金融トレーダーが、SECも目を付ける不審な取引を解明せよとの依頼を受け調査を開始するが、次々と関係者が死に追い込まれ…、という展開。

”金融サスペンス”との触れ込みだが、主人公と息子のキャラが最高。高機能自閉症の息子"キッド"は、その障がい故にコミュニケーションもままならないが、物語の要所で絶妙の勘を働かせたり、父を狙う追手とバトルを繰り広げたり。不器用な父親と徐々に心を通わせていくもうひとつのストーリーに、心を打たれる。

この親子で続編も刊行されているようだ。サスペンスとしてのプロットはやや甘だが、この名コンビの未来に期待大。

« 江上剛・郷原信郎『銀行問題の核心』(講談社新書) | トップページ | 吉田典史『悶える職場』(光文社) »

ミステリー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイクル・シアーズ『ブラック・フライデー』(ハヤカワ):

« 江上剛・郷原信郎『銀行問題の核心』(講談社新書) | トップページ | 吉田典史『悶える職場』(光文社) »